せどりは儲かる、儲からない?

よく、このような質問を聞く。

「せどりは儲かりますか?」

「せどりは儲からないですか?」

実際私自身もせどりを始める前に、このようなキーワードで検索を繰り返した。

しかし、いくら調べても分からない。

「儲かる」と書いている人もいれば、「儲からない」と書いている人もいる。

結局調べても分からないので、とりあえず実践することにした。

その実情を加えて、個人的な意見を書いていく。

結局どっち?

まず結論を書きます。

「儲かる人もいれば、儲からない人もいる」

単純にこれだけです!!

「え!!、それでは結論になっていない」と思われましたか?

しかし、実際にこの通りなのです。

儲けている人は、せどりは儲かると言う。

儲かっていない人は、せどりは儲かっていないと言う。

これは当たり前のこと。

そして当たり前だからこそ、きちんと把握しておきたい。

せどりは簡単?

よく本などで「簡単に月10万円」とかのキャッチコピーを見る。

「これ、ウソです」

正確に言うと、簡単に10万円儲けれる人はごく少数です。

大多数の人は大変な上に、儲からないのが実情です。

せどりは、なぜ簡単と言われているのだろうか?

この理由は明白です。

「せどりは簡単!」だからです。

「え!!、さっき否定してませんでした?」となると思います。

しかし本当に簡単なんです。

単純に、「安く仕入れて高く売ればいいだけ」ですから。

このように、せどり自体は簡単なんです。

「難しいのは儲けることです」

そして簡単と言っている人は、自分のしている表面的な方法を教えているだけです。

「このように仕入れて、ここで売る」とかです。

しかし、せどりをしているのは自分だけではありません。

全国に経験も実績もある人がたくさんいます。

その人達が仕入れた後の「おこぼれ」しかないのです。

せどりは初心者だからと言って、優しくされません。

初心者だろうがベテランと同じ土俵に上がります。

例えれば、プロ野球の試合に素人が出ているようなものです。

それぐらい厳しい世界なのに、せどりのルールや方法も知らずに「儲かりますか?」なんて、聞くのも変な質問です。

そんな意味のない確認をする暇があるなら、実際の仕入先や売れている状況などを確認した
ほうが良い。

まとめ

個人的にせどりをした感想としては、「難しい」というのが本音です。

実際にアマゾンを利用した「輸入せどり」は損失を出して、現在は撤退しています。

なぜ失敗したかは下記のページにまとめていますので、興味がありましたらどうぞ。

→アマゾン輸入失敗の記録

また現在も中古本のせどりは続けていますが、最初は失敗が多かったです。

ネットで仕入れている関係から、そこそこ高額の本を仕入れたらかなり汚い状態だったり、
書き込みだらけでガッカリすることも多かったです。

現在もネット仕入れのため同様の被害はありますが、傾向が把握出来てくるとかなり頻度が
下がってくるのも事実です。

高く売れると思って仕入れたけど、気づいたら値崩れしていて投げ売りすることもよくある
ことです。

希少本だと思って仕入れたけども、一向に売れずに廃却したこともあります。

特にアマゾンで販売していると、値崩れが怖いのは今も同じです。

しかし長く続けていると、何となく分かってきます。

失敗も含めて、経験はやっぱり大切です。

いろいろ書いてきましたが、せどりは儲かる可能性の高い方法です。

資金も少ないところから始めることが出来ますし、儲かればどんどん商品を増やして、
さらに儲けることが出来るでしょう。

ただそれには自分なりの方法が必要です。

本気でせどりを考えているなら、儲かるための方法を真剣に考える必要があります。

そして何より、多少の失敗は覚悟してでも始めることです。

改めて書きますが、最初から成功するのは困難です。

しかし方法さえ確立すれば、確実に儲かります。

今回書いていることが、今後せどりを考えている人の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。