もしもスマホを開発したら

ここでは自分が商品の研究開発に関わったとして、勝手な考えを書いていきます。

全くの的外れや勘違いもあると思いますが単なる遊びとして読んで下さい。

今回は「スマホ」について考えてみる。

もちろん、「今更?」となる。

しかし、どうしても自分自身がほしいものがあるので、今後の期待として書くことにした。

それは、「折りたたみ式」です。

「え?」と思われるかもしれません。

既に出ているし、今後も増えていくことが予想されるからです。

しかし現在の折りたたみスマホは下の写真のように、広げることで2倍の画面にする
イメージだ。

(ドコモMZ-01Kカタログより)

確かに画面が広くなることは使いやすくなる。

重くなるデメリットはあるが、持ち運び時のサイズが従来とほぼ同じなので問題は
少ないだろう。

しかし、私がほしいのはそれではない。

「なぜ、縦方向を短くしない!!」

正直、画面は従来の5インチあれば十分だ。

必要なのは持ち運び時の「コンパクトさ」。

特にポケットに入れる派としては、今の5インチは少し大きい。

入らないことはないが、引っかかって少し歩きにくいし、ポケット部も不細工だ。

そこで厚みが少し増えたとしても、半分になれば全然問題なくなる。

継ぎ目の問題も技術的には解消できそうである。

年々スマホは大きくなってくるが、そうするとタブレットと変わらなくなってきている。

そして、タブレットはコンパクト化だろうか?

いったい、それぞれが何を目指しているのだろうか?

最後になるが、このアイデアは「タブレット」と「持ち運び型外付けディスプレイ」にも応用できる。

最近は大きく、そして高性能ばかりを求めて開発しているように感じる。

購入者も、それに振り回されているように感じる。

ソニーや日本のメーカーが開発したもので世界基準になったものが何か?、を改めて
考えてもらいたい。

実際の開発に関わっている人が見たら鼻で笑うようなことばかりかもしれませんが、
その点はご容赦を。

思いつきの内容を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク