東京・女子中学生に3度みだらな行為・会社員の男が逮捕された事件を考える

2018年11月6日、東京都のホテルで女子中学生(15)と、3度に渡ってみだらな行為をしたとして、会社員の男(39)が逮捕された。

容疑者は容疑を認めているとのこと。

元ネタはこちら

→(神奈川)女子中学生に三度みだらな行為、男逮捕 神奈川県警

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク
wp_336x280R

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、神奈川の記事を抜粋します。
神奈川県警少年捜査課と川崎署は6日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)と東京都青少年健全育成条例違反の疑いで、埼玉県三郷市、会社員の男(39)を逮捕した。
逮捕容疑は、8月3~23日、東京都新宿区や同豊島区のホテルで3度にわたって川崎市の中学3年の少女(15)にみだらな行為をしたほか、うち1度はその様子をカメラ機能付き携帯電話で撮影し、保存した、としている。
署によると、同容疑者は「自分がやったことに間違いない」と供述、容疑を認めている。2人は会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合った。

感想と考察

高校生や中学生女子とみだらな行為をする事件は多い。もちろん大人が悪いのだが、「子供は悪くない」と単純に考えるのは違うように感じてる。

その考えが浸透すると、子供からしたら「自分たちは何をしても悪くない」という発想につながる。この考え方がいいとは思えない。

もちろん今回の事件がどうなのかは分からない。そこからきちんと内容を知る必要がある。

今回はSNSで知り合っているが、どちらから誘ったのだろうか?
結果として3回みだらな行為をしているが、それぞれの感情はどうだったのだろうか?
金銭的なやりとりはあったのだろうか?
1度はカメラで撮影されているが、それをゆすり等に使われなかったのだろうか?

この手のことをきちんと調べて、未成年側にも罰を与えないと今後も同じことが繰り返されるのは明白となる。そして実際に繰り返されている。

今回の事件で分からないのは、なぜ発覚したのだろうか?
もし少女側が訴えたとしたら、何からの不正があったのは明らかであり、容疑者の罪は重い。

また金銭的なやり取りはなく、単純な恋愛感情だった場合、犯罪なのだろうか?
この疑問はいつも無くならない。未成年同士だったら犯罪にならないのだから。

改めて繰り返すが、悪いのは大人である。しかし子供が悪くないとは限らない。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク