大阪枚方・自宅で親子3人が刃物で刺され死亡した事件を考える

2018年11月1日午前3時前、大阪府枚方市片鉾東町の自宅で、40代の夫婦と娘(20)が刃物で刺され死亡する事件が発生した。

当時家には16歳の息子がいたがケガはなく、通報も息子がしていたとのこと。

元ネタはこちら

→(TBS)3人刺され心肺停止 親子か、大阪・枚方

→(FNN)大阪の住宅で3人刺される 両親と20歳の娘か 死亡

→(毎日)事件 大阪で3人刺され死亡 父親が無理心中か

→(NHK)住宅で家族3人刺され 2人死亡

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク
wp_336x280R

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、TBSの記事を抜粋します。
1日未明、大阪府枚方市の民家で親子とみられる3人が刺され、病院に搬送されました。3人は心肺停止の状態です。
31日(おそらく1日の誤記)午前3時前、大阪府枚方市片鉾東町の民家で「3人が刺された」と消防に通報がありました。
消防によりますと、刺されたのはこの家に住む40代の夫婦と20代の娘とみられていて、3人は心肺停止の状態で病院に救急搬送されました。3人は自宅の中で倒れていたということで、母親とみられる女性が1階で、父親と娘とみられる男女が2階で見つかりました。
現場は京阪本線牧野駅からおよそ1.7キロ離れた住宅街で、警察が詳しい状況を調べています。

FNN・毎日新聞・NHKの記事より不足している分を追加していきます。
最新の記事より、3人は死亡が確認されている。
当時家には16歳の息子がいたが、ケガは無かったとのこと。
息子は各記事により、次のように言っている。
FNNでは「誰かに襲われた」、毎日新聞では「3人が刺された」、NHKでは「襲われかけた」
毎日新聞の記事では「父親が無理心中を図ったとみられ」と書かれている。
NHKの記事より、玄関には鍵が掛けられていたとのこと。
NHKの記事より、使われたと思われる包丁が室内で見つかっている。

感想と考察

親子3人が刺され死亡する、凶悪な事件が起こりました。ただ具体的なことは書けないが、デリケートな事件とも考えています。

今回の事件でもっとも気になるのは、毎日新聞に書かれている「父親が無理心中を図ったとみられ」の件になる。
玄関に鍵が掛かっていたことから信憑性はあるが、何を根拠にしているのだろうか?

凶器と思われる刃物は室内で見つかっている。
父親が倒れていた部屋の中ということだろうか?
父親は刺されているが、自分で刺した後に引き抜いたのだろうか?
父親が手袋をしていなければ指紋が残っているはずだが、間違いないだろうか?
父親の刺し傷は、自分が刺した角度になっているだろうか?
なぜ息子は心中の対象にしなかったのだろうか?

16歳の息子は「襲われかけた」もしくは「誰かに襲われた」と話しているが、それは父親だったのだろうか?
息子は「3人が刺された」と通報しているが、父親が犯人だとすれば「刺された」という言い方には違和感がある。
息子の話だけをまとめれば、外部犯を疑わせる内容になる。

今回の事件はいろいろな憶測が出来るが、最初にも書いている通りデリケートな問題のため、一切の憶測は書かないでおく。
これまで書いてきた事実や疑問点より、読み手の判断に任せたい。

ただいかなる理由であろうと、今回の事件で親子3人が死亡したのは事実です。今後同じような事件が起こらないことを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→(続報)大阪枚方・父親が妻と娘を刺し無理心中?助かった息子の状況が判明!

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク