神奈川大和・小4女児にわいせつ行為をした33歳の男が逮捕された事件を考える

2018年10月17日、神奈川県大和市の路上で、小学4年の女児に対してわいせつ行為をしたとして、無職の男(33)が逮捕された。

事件は同年9月17日午後1時ごろ。容疑者は容疑を否認しているとのこと。

元ネタはこちら

→(産経)「検査させて」と声をかけ小4女児にわいせつ容疑、33歳男を逮捕

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク
wp_336x280R

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、産経新聞の記事を抜粋します。(実名は伏せています)
小学生の女子児童の体を触るなどし、連れ回したとして、神奈川県警捜査1課は17日、強制わいせつとわいせつ誘拐の容疑で、同県相模原市南区下溝の無職の男(33)を逮捕した。「身に覚えがありません」と容疑を否認している。
逮捕容疑は、9月17日午後1時ごろ、同県大和市内の路上で、一緒に帰宅途中だった小学4年の女子児童2人に対し「小学校の給食に虫の卵が入っていたから検査させてほしい。1人ずつ検査するね」などと声をかけ、横浜市内に住む1人(10)を自らが所有する軽自動車の車内に誘い込み、体を触るなどのわいせつな行為をしたうえ、横浜市内の路上で解放するまで約30分間、連れ回したとしている。同級生が自宅に戻り、母親に「(女子児童が)車に乗っていった」などと報告したため、母親が110番通報。被害を受けた女子児童も帰宅後、母親に事情を説明し、母親が110番通報していた。
付近の防犯カメラに容疑者の軽自動車の映像が記録されていたことなどから、犯行が浮上した。横浜市内では同じ日に10代の女性が男から同様に声をかけられていたといい、同課が関連を調べている。

感想と考察

今回の事件については容疑者が容疑を否認しているため、正確なことは分からない。しかし警察も怪しいだけで逮捕したとは考えにくいので、この男が犯人として考えていく。

今回の事件だが、気持ち悪いという感覚が拭えない。
小学4年の女の子にわいせつ行為をしたのはもちろんだが、誘いに利用した理由がさらに気持ち悪い。はっきり言って、生粋の異常者だ。

口コミを見てみると、容疑者についていった女児を非難している人がいる。しかし女児も容疑者の言葉を100%信じたとは思えない。
それでも自分より身体の大きい大人の男から誘導されれば、逃げ出すことが出来なくなる可能性が高い。大人でもセールスの電話を切れない人がいる。子供なら一度話を聞いてしまえば、断るキッカケを失う可能性も高い。
そのため話かけられた瞬間に逃げないと行けないことを、教えていく必要がある。

また容疑者について、このような事件を犯してもそれほどの罪にはならない。
刑務所には入るかもしれないが、すぐに出てくることだろう。
例え再犯を犯しても、加害者の人権は守られる。

人権を守るという考え方は正しい。しかしこの容疑者の人権を守るのが正しいとは思えない。
人権とは、他人の人権を守る人だけに認められるのが正しい。

最近はこの手の事件が多すぎる。おそらくは再犯も多いだろう。
犯罪者に対する、具体的な処置を考える時期に来ているのかもしれない。

それでも犯罪者の人権を訴える人は、子供時代の自分自身、もしくは自分の子供が同じ被害にあった場面を想像してみる必要がある。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク