仙台・大東岳に登山した東北大の教授が行方不明の件を考える

2018年10月8日に宮城県仙台市太白区秋保町に向かったまま、行方が分からなくなっている東北大学名誉教授の男性(71)の捜索が、同月12日朝から行われている。

男性は秋保ビジターセンターに車を駐めており、防犯カメラでも確認されているとのこと。

元ネタはこちら

→(仙台)秋保町で行方不明…東北大名誉教授 警察が捜索〈仙台〉

→(河北)東北大名誉教授登山中に遭難か 宮城県警が捜索 仙台・秋保

→(河北)仙台・登山中遭難か 東北大名誉教授、依然見つからず

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

状況の確認

ここでは状況の確認として、仙台放送の記事を抜粋します。(実名は伏せています)
10月8日、仙台市太白区秋保町に向かいその後、行方不明となっている東北大学名誉教授の男性の捜索が、12日朝から行われています。
行方が分からなくなっているのは、東北大学名誉教授の男性(71)です。
12日の捜索は警察官15人で、午前7時45分から始まりました。
警察によりますと、男性は10月8日、太白区秋保町の「秋保ビジターセンター」に向かった後から行方不明になっています。
センターの職員によりますと、男性の車がセンターの駐車場に3日間とまっていたため、警察に通報したということです。
警察によりますと、センターの防犯カメラに、本人とみられる男性が映っていたということです。
捜索は日没まで続けられる予定です。

河北新報の記事より不足している分を追加していきます。
男性は防犯カメラに「白色の上着とズボン、薄緑色の帽子を身に着け、黒色のショルダーバッグを持っていた」状態で映っている。
12日午後2時半ごろ、センター近くの大東岳(1365メートル)西側の登山道「裏コース」付近で「人のようなものを発見した」と県警ヘリから連絡があったが、地上からたどり着けず、発見に至らなかったとのこと。

感想と考察

現在の所、正確な情報は何も分かっていない。山に登っているのも、遭難が疑われているのも、駐めている車や防犯カメラの情報からの予測になる。

ただこれも確定情報ではないが、ヘリから「人のようなものを発見した」との連絡が入っているため、可能性は極めて高く、また心配される所になる。

今回行方が分からなくなっている男性は71歳であり、この年令から登山を始めて、しかも1人で来ている可能性は低い。
登山歴は分からないが、ショルダーバックだけで登山に来るのは、余りにも軽装に思える。またヘリの情報が正しければ「裏ルート」を通っている。
多少調べたのだが、裏ルートは道に迷いやすく、決して簡単では無いみたいだ。それを考えれば、余りにも不用意に感じている。

今回の男性は秋保ビジターセンターに車を駐めている。センターには登山届を出す所があるが、記入などはしなかったのだろうか?
あくまで結果だが、この点でも不用意といって間違いないだろう。

個人的に1人で登山することに反対はしない。複数人で行くほうが安全なのは間違いないが、1人で山に登りたい気持ちは理解できる。
しかしだからこそ、必要な対策をするのは必須条件になる。もしもの時には今回のように大事になるため、必要なことは行うことが望まれる。

ただいかなる理由であろうと、男性が行方不明になっているのは事実です。とにかく無事に発見されることを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→(続報)仙台・大東岳に登山した東北大の教授が遺体で発見された件を考える

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R