栃木日光・バイクの少年が橋から転落して死亡した事故を考える

2018年10月6日午後0時50分ごろ、栃木県日光市の笹原橋で、バイクに乗っていた少年(16)が橋から転落し、死亡する事故が発生した。

事故当時は仲間5人でツーリングをし、最後尾を走っていたとのこと。

元ネタはこちら

→(テレ朝)橋の欄干乗り越え…バイクの少年が橋から転落 死亡

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事故の状況確認

ここでは事故の状況確認として、テレ朝の記事を抜粋します。(実名は伏せています)
栃木県日光市で原付きバイクを運転していた16歳の少年が橋の欄干を乗り越え、約10メートル下に転落して死亡しました。少年は仲間5人とツーリングをしていたということです
6日午後0時50分ごろ、日光市の笹平橋で「バイクの単独事故で橋から人が落ちた」と119番通報がありました。警察によりますと、原付きバイクを運転していた16歳の少年が橋の欄干を乗り越え、約10メートル下の河川敷に転落しました。少年は病院に搬送されましたが、午後3時半ごろに死亡しました。少年は仲間5人とバイクでツーリングをしていて、最後尾を走っていたということです。警察は少年がハンドル操作を誤ったとみて、事故の原因を詳しく調べています。

感想と考察

非常に不可解な事故だと感じています。普通の直線道路にある橋の場所で、偶然事故を起こして橋から落下するのはイメージすることが出来ません。
少年が最後尾を走っていたため、追いつくために急いでコーナーで転倒するなら分かるが、ここは普通の直線になる。

眠たくなった可能性もあるが、手前が曲がっている道のため、この位置では考えにくい。

少年が少しふざけた運転をした可能性はあるが、最後尾ということを考えれば、誰も見ていないので違うように感じる。

最後尾ということを考えれば、みんなを後ろから撮影していた可能性はあり、その時にバランスを崩したかもしれない。それは少年のカメラや携帯などを見れば判斷できるだろう。

映像情報を見ると道の端側には、少し砂利が浮いているように見える。少年が端に寄りすぎてハンドル操作を誤った可能性はある。
しかしその場合は後ろから車が来ているなどが考えられ、その点は知りたい所だ。

また事故とは直接関係ないが、少年は16歳だが高校生では無いのだろうか?
この手の事故の場合は高校生とか大学生の表記が多いため、この少年の立場を知りたい所だ。また仲間5人の関係性も知りたい。

通報したのは他の仲間4人の内の誰かだろうか?
もしそうだとして実際の通報時に記事に書いているように、「バイクの単独事故で橋から人が落ちた」と話していたなら、少し違和感がある。
警察発表が実際とは異なる表現で分かりやすくしていたなら、その限りではない。

ここまでいろいろ考えてきましたが、全ては可能性であり、また個人的な予測に過ぎません。これからの警察の調査結果を引き続き調べて行きます。

ただいかなる理由であろうと、今回の事故で少年1人が亡くなったのは事実です。今後同じような事故が起こらないことを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R