愛知知立・公園で12歳少女に性的暴行をした27歳男が逮捕された事件を考える

2018年10月6日、愛知県知立市の公園で、12歳少女に性的暴行をしたとして、千葉県に住む専門学生の男(27)が逮捕された。

2人はネットで知り合っている。また容疑者は容疑を認めているとのこと。

元ネタはこちら

→(メーテレ)公園で12歳少女に性的暴行の疑いで保育関係の専門学校生の27歳男を逮捕 愛知

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、名古屋テレビの記事を抜粋します。(実名は伏せています)
愛知県知立市内の公園で、12歳の少女に性的暴行を加えたとして、千葉県船橋市に住む専門学校生の男(27)が6日、強制わいせつと強制性交等の疑いで愛知県警に逮捕されました。
警察によりますと、容疑者は保育関係の専門学校生で、インターネットのゲームアプリを通じて少女と知り合いました。警察の調べに対して容疑者は「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めているということです。

感想と考察

まったくトンデモナイ事件です。12歳の少女に性的暴行をするなんて許せることではありません。

今回の場合、容疑者と少女はネットのゲームアプリで知り合っています。そこから2人で会うまでは合意があったと伺えます。
容疑者が自分を何歳と言っていたかは分からないが、少女からすれば自分の話を聞いてくれる「優しいお兄さん」という感覚だったと予想しています。また公園で会っていたことから、少女側がお金を目的にしていたとは思えない。
そのことから少女の精神的なダメージが心配される所です。

容疑者は千葉県に住んでいると記事に書いています。少女に会うために、わざわざ愛知県まで来たのでしょうか?
この手の事件は少女側が会いに来ることが多く、わざわざ会いに行ったとすれば初めから犯行を目的とした悪質さが伺えます。

27歳の専門学生をどのように考えたらいいだろうか?
もし一度就職した後に再就職を目指したのなら批判する要素はないが、もし一度も働いたことがなければ、そのような性格だったことが伺える。

この容疑者は保育関係の専門学校に行っている。これにより男性保育士の立場が悪くなることがあれば、罪はより深くなる。

とにかくトンデモナイ事件です。今後同じような事件を起こさせないためにも、容疑者には厳正な処罰を期待する。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R