これからは一流企業に就職するのはリスクかもしれない

多くの人が一流企業に就職したいと考えている。
そのために小さい時から勉強し、いい大学に入ることを目指している人がいる。

その考え方は間違っていない。
一部上場や有名企業に入ることは、安定した生活を確保できる可能性は高くなる。

しかし現代において、一流企業だからといって一生安定した生活が保証されると考えている人は少ないだろう。あくまで「可能性が高くなる」に過ぎない。

「それでも可能性が高くなるなら、いいじゃないか?」と言う考え方もある。
全くの正論であり、反論する余地はない。

スポンサーリンク

一流企業のリスクとは?

それならなぜ、タイトルにリスクと書いたのか?
それは「安定が崩れた時」の話しになります。

勘違いしている人も多かもしれませんが、一流企業にいたからと言って再就職が楽に出来るとは限りません。
もちろん特殊な技術を持っており、他社からしたらヘッドハンティングしても欲しいような人材なら別です。
ただそんな人は稀であり、自分がそうだと言える人はほとんどいないでしょう。

ここからはリストラにしろ、自主退社にしろ、辞めた後のことを考えてみます。

もしかしたら就職自体は簡単に出来るかもしれません。前職からある程度の期待感を、相手側の企業に持たらすことが出来るからです。

問題は入社後です。

まず給与面では下がることがほとんどでしょう。それは事前に知っているので我慢できるかもしれない。しかし実務面で大きな壁にぶつかります。

一流企業の時は依頼することが多かったはず。中小企業になると依頼されることが多くなります。その感覚はなかなか埋まりません。

精神的な面も大きいですが、実務面も大きい。意外と自分が何も出来ないことを実感するはず。また中小企業では複数のことを兼任しないと行けないため、作業の種類が変わってくる。

これを素直に受け入れるだけの体質があればいい。
しかし年下の高卒の人から怒られたりすれば、精神的にも参ることでしょう。それに耐えるだけの精神が必要です。(私も高卒なので、高卒が悪いとは考えていない)

スポンサーリンク

その点からから考えれば、始めから中小企業に入り、転職を前提にしている人はどこでも対応出来るという意味でリスクが減ることになる。
ただこれには実力が伴うことが必要なのは言うまでもない。

ここまでいろいろ書いてきましたが、一流企業を非難するつもりはありません。入ることが出来たら、実際的にも対外的にも安定した生活を得ることが出来ます。
ただそれが一生続くとは限らないことだけは、常に意識しないといけない。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R