JR新大阪駅付近の路上で男性が5100万円入りの紙袋を奪われた事件を考える

2018年10月3日午後2時半ごろ、大阪市淀川区のJR新大阪駅付近の路上で、男性が5100万円入りの紙袋を奪われる事件が発生した。

男性は、犯人から顔に刺激臭のする液体をかけられたと話している。

元ネタはこちら

→(テレ朝)JR新大阪駅付近で液体塗られ→約5100万円奪われる

→(産経)現金5100万円入り紙袋奪われる 液体顔に塗られ男性軽傷 大阪

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、テレ朝の記事を抜粋します。
大阪市の路上で26歳の男性が男に襲われ、約5100万円が入った紙袋を奪われました。
警察によりますと、3日午後2時半ごろ、大阪市淀川区にあるJR新大阪駅近くの路上で、男性が後ろから近付いてきた男に顔に液体を塗り付けられ、右手に持っていた約5100万円入りの紙袋を奪われました。男は走って逃げ、男性は目に痛みを訴えているということです。男は身長180センチぐらいで、黒い帽子にサングラスを掛け、マスクをしていたということです。警察は、強盗致傷の疑いで逃げた男の行方を追っています。

産経の記事より不足している分を追加していきます。
被害男性は職業不詳で東京都港区の住民とのこと。
被害男性は、名古屋で知人から現金の入った紙袋を受け取り、別の知人に渡すために新幹線で新大阪駅にきたと説明。正午ごろに新大阪駅に到着後、「知人との待ち合わせまで時間をつぶしていた」と話しているとのこと。

感想と考察

何か不明点が多すぎて、まるでミステリーです。疑問点について分かる限り列記します。

なぜ職業不詳の東京に住む26歳の男性が、名古屋で現金を受け取り、大阪で受け渡す必要があったのだろうか?
なぜ5100万円もの大金を紙袋に入れていたのか?(5.1キロの重さがあるため強度不足?)
紙袋の中で現金はどの様に入っていたのだろうか?(まさか紙幣が見えていた?)
男性は顔に液体を塗られた、それともかけられた?
液体の種類は何だろうか?
なぜスプレーではなく、液体を選んだ?
被害男性は目に痛みを訴えているが、犯人を目撃できたのだろうか?(後ろから来ているが?)
犯人は偶然、大金を盗んだのだろうか?(もともと狙っていた?)
もし狙っていたなら、なぜ知っていたのだろうか?
被害男性は、なぜ大金を持ちながら人通りの少ない場所で時間をつぶしていたのだろうか?

思いつく限り書いてみたが、何一つ分からない。

しかし今回のポイントは、「この大金の用途は?」に尽きるのでは無いだろうか。
これが分かれば、事件は簡単に解決するかもしれない。

ここまでいろいろ考えてきましたが、全ては可能性であり、また個人的な予測に過ぎません。これからの警察の捜査結果を引き続き調べて行きます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R