神奈川横須賀・乗用車とバイクが衝突し男性が死亡した事故を考える

2018年10月2日午後3時20分ごろ、神奈川県横須賀市の国道134号で、対向車線にはみ出した乗用車と対向のバイク・乗用車が衝突する事故が発生した。

この事故でバイクに乗っていた男性(73)が死亡。はみ出した車を運転していたパートの女(36)は、風邪で体調が悪かったとのこと。

元ネタはこちら

→(神奈川)車と衝突、二輪の男性死亡 横須賀、容疑者「風邪で体調悪かった」

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事故の状況確認

ここでは事故の状況確認として、神奈川新聞の記事を抜粋します。
2日午後3時20分ごろ、神奈川県横須賀市長坂2丁目の国道134号で、同市秋谷の無職の男性(73)のミニバイクと、同市の男性会社員(51)の乗用車が、対向の乗用車と衝突した。ミニバイクの男性は搬送先の病院で死亡が確認された。車の男性は左手に軽傷。
横須賀署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた同市林2丁目、パートの女(36)を現行犯逮捕、容疑を過失致死傷に切り替えて調べている。
署によると、現場は片側1車線の直線。同容疑者の乗用車が対向車線にはみ出して衝突した。同容疑者は「風邪をひいて体調が悪く、ぶつかって事故に気付いた」と供述している。

感想と考察

今回の事故は容疑者が対向車線にはみ出したことが、事故の原因になっている。また容疑者は「風邪をひいて体調が悪く、ぶつかって事故に気付いた」と供述している。

どの程度の風邪なのかは分からない。少し喉が痛いとか、少し咳き込むぐらいで車に乗るなとは言わない。
しかし熱が出ているなど正常な判斷が出来ない状態なら、車に乗ってはいけない。

容疑者は無意識に対向車線にはみ出しているので、熱などにより正常な判斷が出来なかったか、もしくは薬を飲むことで居眠り状態になっていた可能性が高い。

この状態は悪質度は異なるが、飲酒運転と同じになる。実際、正常な運転が出来なかったため、死亡事故を起こしている。

容疑者が何の目的で車に乗っていたかは分からない。
もし仕事だとしたら、風邪でも頑張って働いていたのかもしれない。しかし風邪で体調が悪い時に車を運転することを「がんばり」と呼びたくないのも事実だ。

風邪で体調が悪い時は車などを運転しないことが好ましい。

ただいかなる理由であろうと、今回の事故で男性1人が亡くなったのは事実です。今後同じような事故が起こらないことを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R