鳥取琴浦・陥没した道路から車が転落し男性1人が死亡した事故を考える

2018年9月30日午後7時20分ごろ、鳥取県琴浦町の農道が陥没し、軽自動車が転落する事故が発生しました。

この事故により男性(50)が死亡、同乗者の男性1名が行方不明になっているとのこと。

元ネタはこちら

→(テレ朝)鳥取 1人死亡、1人不明 陥没の道路に車転落

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事故の状況確認

ここでは事故の状況確認として、テレ朝の記事を抜粋します。(実名は伏せています)
鳥取県では車が崖から落ちて男性1人が死亡し、1人が行方不明です。
先月30日午後7時20分ごろ、鳥取県琴浦町の農道が土砂崩れで陥没して約50メートル崖下に軽自動車1台が転落しているのが見つかりました。道路は幅1.7メートル、長さ約11メートルにわたって陥没していました。この事故で、会社員の男性(50)が心肺停止の状態で見つかり、その後に死亡が確認されました。車に乗っていたとみられるもう1人の男性の行方が分かっておらず、消防は1日午前6時から捜索を再開することにしています。

感想と考察

まず今回事故に合った男性2人が、なぜ車で移動していたかは分かりません。非常に重要な役目で出ていた可能性もあります。

しかし事故当日は台風が通過しており、何が起こってもおかしくないことは誰もが分かっていました。
道路が陥没するかの判斷は出来ないですが、他の場所では道路の陥没や土砂崩れは多く発生しているのは事実です。

そこからどうしても、夜間の視界が悪い時に危険が予測される道を通過していたことに、疑問を感じてしまいます。

事故当日は日曜日で、また被害男性は会社員と書いているため、私的な用事と考えてしまいますが、台風だからこそ会社員として必要が生まれることもあります。
いまさら遅いかもしれないですが、この男性2人がなぜ外出していたのかを知りたい所です。

ただいかなる理由であろうと、現在、男性1人が行方不明になっているのは事実です。とにかく男性が無事発見されることを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R