東京~大阪行き夜行バスの車内でわいせつ行為をした大学生が逮捕された事件を考える

2018年9月26日午後11時40分ごろ、東京駅から大阪に向かう夜行バスの車内で、23歳の女性にわいせつ行為をしたとして、19歳の男子大学生が逮捕された。

大学生は当時、酒に酔っていたとのこと。

元ネタはこちら

→(産経)夜行バスの車内で女性の胸触る 酒に酔った大学生逮捕

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、産経新聞の記事を抜粋します。
夜行バスの車内で女性の胸を触ったなどとして、神奈川県警緑署は27日、暴行容疑で大学1年の男子学生(19)=京都市左京区=を逮捕した。「触った記憶はあるが、よく覚えていない」と容疑を一部否認している。
逮捕容疑は26日午後11時40分ごろから約10分間にわたり、夜行バスの車内で、通路を挟んで反対側の席に座っていたアルバイトの女性(23)=同市上京区=の胸を触り、直後に前の席に座っていた自営業の男性(32)=大阪府高槻市=の顔を触ったなどとしている。
同署によると、夜行バスは東京駅から大阪に向かっており、男子学生は福島県で自動車運転免許取得の合宿を終えて友人らと帰宅中だったという。男子学生は事件当時、酒に酔っており、同署が事件の経緯を調べている。

感想と考察

まったくトンデモナイ事件です。

まず事件以前に容疑者は19歳と未成年です。それなのに酒を飲んだ上に理性を無くす状態になっている。しかしそれでも未成年なので実名は公表できない。不思議ですね。

事件に戻りまして、記事を正確に読むまでは隣に座った女性だと思っていました。しかし記事によれば通路を挟んだ反対側と書いています。ここから明らかな悪質行為だということが分かります。

また女性とは別に、前の席に座っている男性の顔も触っています。女性に対しては胸を触り、男性に対しては顔を触るようなふざけた行動を取っている。ここから酒に酔っていたとしても、判断する感覚は残っていたことが理解できる。
また容疑者自身も「触った記憶はあるが、よく覚えていない」と供述している。
記憶が曖昧としても、何一つ同情できる要素は見つからない。

とにかくトンデモナイ事件です。今後同じような事件を起こさせないためにも、容疑者には厳正な処罰を期待する。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R