福岡・23歳女性を誘拐・監禁した56歳の男が逮捕された事件を考える

2018年9月20日、福岡県春日市の自宅で、23歳女性を4日間に渡って監禁したとして、無職の男(56)が逮捕された。

事件は同年6月28日に駅で待ち合わせした時からになる。また容疑者は容疑を否認している。

元ネタはこちら

→(九州)【福岡】女性を4日間“監禁” 性的暴行容疑も

→(TNC)訪問営業の23歳女性を誘拐し乱暴か 56歳男を逮捕 福岡県

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、九州朝日放送の記事を抜粋します。(実名は伏せています)
自宅で4日間にわたって女性を監禁し、性的な暴行を繰り返したなどとして無職の男が逮捕されました。解放する条件として警察へは言わないよう要求したということです。
警察によりますと春日市の無職の男(56)は6月28日の午後8時半頃、福岡市南区で23歳の女性を誘拐して、4日間にわたって自宅で監禁し、性的な暴行を複数回繰り返した疑いが持たれています。容疑者は自宅近くを女性が仕事の営業で回っていたところ声をかけ、その日の夜、客を紹介すると嘘を言って呼び出したということです。
警察に女性の姉から捜索願いが出され、解放後、女性本人から被害届けがありました。容疑者は解放する際、警察への口止めを条件にしたということです。
調べに対し「事実関係はありません」と容疑を否認しています。

テレビ西日本の記事より不足している分を追加していきます。
容疑者は福岡市南区の西鉄大橋駅前で女性と待ち合わせをし、そのまま誘拐している。
女性は食品の訪問営業をしていたとのこと。

感想と考察

まったくトンデモナイ事件です。ここに書いてることが事実なら許せることではありません。

ただいろいろと疑問があるのも事実ですので、個別に考えていきます。

会社はこの待ち合わせを把握してなかったのだろうか?
はっきり言って23歳の女性が、午後8時半ごろに一人で男と待ち合わせるのは異常です。
待ち合わせ理由は「知り合いの紹介」だが、春日市の男が福岡市で待ち合わせをしている。そして女性を車に乗せている。知り合い宅に行くなどと嘘を言ったのだろうか?
この点に会社もしくは被害女性に、認識の甘さがあったのかもしれない。

容疑者は女性を被害届を出さないことを条件に解放している。本気で出さないとでも考えたのだろうか?
この点に容疑者の感覚のおかしさが現れている。

容疑者はなぜ容疑を否認しているのだろうか?
被害女性がいるのだから、事実は明らかである。それなのに何の事実を否認しているのだろうか? むしろ不思議である。

また今回の事件で最も気になるのは、犯行日時と逮捕日のズレである。普通に考えれば自宅に監禁したのであり、また解放もされているので、すぐに逮捕されてもおかしくない。
被害女性が容疑者の条件より、最近まで被害届を出さなかったのだろうか?
それとも容疑者を逮捕するための証拠が、上手く集まらなかったのだろうか?
この点がよく分からない。

とにかくトンデモナイ事件です。今後同じような事件を起こさせないためにも、容疑者には厳正な処罰を期待する。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R