奈良・8歳長男の頭を殴って死亡させた父親が逮捕された件を考える

2018年9月19日、奈良県生駒市で8歳の長男の頭を殴り死亡させたとして、36歳の父親が逮捕された。

今月17日に長男の頭を殴り、翌18日午前4時に死亡したと見られている。容疑者は容疑を認めている。

元ネタはこちら

→(朝日)8歳の長男を殴り死なせた疑い 36歳の父親逮捕 奈良

→(FNN)8歳の息子を暴行して死なせる 傷害致死で36歳の父親を逮捕

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

状況の確認

ここでは事件の状況確認として、朝日新聞の記事を抜粋します。(実名は伏せています)
8歳の長男に暴行を加えて死なせたとして、奈良県警は19日、奈良県生駒市生駒台南、歯科技工士の父親(36)を傷害致死容疑で逮捕し、発表した。「頭を殴りつけたことに間違いありません」などと容疑を認めているという。
生駒署によると、容疑者は今月17日ごろ、自宅で小学3年の長男(8)の左側頭部を素手で殴るなどし、死なせた疑いがある。司法解剖の結果、長男の死因は左硬膜外血腫で、死亡推定時刻は18日午前4時だった。
容疑者は18日午前6時40分ごろ、「子どもが息をしていない。意識がない」と自ら119番通報していた。一家は容疑者と妻、長男の3人暮らしだった。
現場は近鉄生駒駅から北へ約1.5キロの閑静な住宅街。

FNNの記事より不足している分を追加していきます。
長男の体にあざなどが無いことから、突発的な犯行と見られている。

感想と考察

まったくトンデモナイ。8歳男の子の頭を死亡するほどの力で殴るなんてあり得ない。

子供が明らかに怒られるようなことをした場合、何らかの罰を加えることを必ずしも否定はしない。しかしそれには「加減」が必要である。

ただどの記事を見ても、「なぜ殴ったのか?」という理由を書いていない。
もちろんいかなる理由があろうとも、今回のことは許されることではない。ここで気にしているのは、容疑者を擁護する意味ではない。
容疑者が長男を叱っている時に殴ったのか、それとも個人的な欲求を満たすために殴ったかについてだ。

FNNの記事では、日常的な虐待は無かったということが書かれている。しかしあざが無かったからと言って、日常に何も無いとは限らない。
もし珍しく叱っている時に殴ったのなら、「加減を知らない人」という感じになる。
もし自分の個人的な怒りにより長男を殴ったとしたら、いかなる擁護も出来ない感じになる。

殴ったという事実は100%非難の対象だが、この理由や動機が分からないと容疑者に対するスタンスが決まらない。

ただいかなる理由であろうと、今回の件で8歳の男の子が亡くなったのは事実です。今後同じような出来事が起こらないことを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R