福岡・5歳男児の腹を蹴った九州大の准教授が逮捕された事件を考える

2018年9月16日午後7時15分ごろ、福岡市の筥崎宮で開かれている秋祭り「放生会」の会場近くで、5歳男児の腹を蹴った疑いで九州大学の准教授の男(37)が逮捕された。

容疑者は「わざと蹴ろうと思ったのではない」と容疑を否認している。

元ネタはこちら

→(TNC)5歳男児の腹を蹴った疑い 自称・九大准教授の37歳男を逮捕 福岡市

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、テレビ西日本の記事を抜粋します。(実名は伏せています)
16日夜、福岡市の筥崎宮で開かれている秋祭り「放生会(ほうじょうや)」の会場近くで、5歳の男の子の腹部を蹴った疑いで、自称・九州大学准教授の37歳の男が現行犯逮捕されました。
暴行の現行犯で逮捕されたのは、福岡市南区弥永に住む自称・九州大学准教授の男(37)です。
警察によりますと、容疑者は16日午後7時15分ごろ、福岡市東区箱崎1丁目の路上で、家族と「放生会」に来ていた5歳の男の子の腹部を膝蹴りした疑いです。
容疑者が男の子とすれ違う際に近づいてきて、しゃがみこむ形で膝蹴りしたため、男の子の父親が取り押さえたということです。
調べに対し容疑者は、「子供に気付かなかった。何かに当たったのは間違いないが、わざと蹴ろうと思ったのではない」と容疑を否認していて、警察が詳しい経緯を調べています。

感想と考察

まったくトンデモナイ事件です。お祭りの会場で5歳の男の子を蹴るなんて、許せることではありません。
ただし容疑者が「わざと蹴ろうと思ったのではない」と容疑を否認していることから、暴行なのか事故なのかは、記事からは明確には判斷できません。その点を含めて個別に考えていきます。

記事では「容疑者が男の子とすれ違う際に近づいてきて、しゃがみこむ形で膝蹴りした」と書かれています。
この「しゃがみこむ形で膝蹴り」は非常に難しい。確かにしゃがむと膝が前面に出る感じになる。しかしその膝を動かすのは難しい。また容疑者の方がしゃがんだ状態で動くのも難しい。
ここから容疑者が男の子に近づいたのは事実かもしれないが、しゃがんだ容疑者に男の子が激突したということはないのだろうか?
お祭りで注意力が欠けていた男の子が、前方で膝を立てた形でしゃがんでいる容疑者にぶつかるのは、可能性としてはあり得ると考える。

ただ記事には容疑者の供述として「子供に気付かなかった。何かに当たったのは間違いない」とも書かれている。
先程書いたように子供がぶつかってきたなら、このコメントは矛盾がある。正面からぶつかったのに、子供に気づかないことはあり得ないからだ。また父親が近くにいるならすぐに謝罪するのが普通のため、父親が取り押さえたということも違和感がある。
ここから考えれば、容疑者が偶然をよそおって蹴った後、逃げようとした感じとなる。

ここまでいろいろ考えてきましたが、全ては可能性であり、また個人的な予測に過ぎません。これからの警察の捜査結果を引き続き調べて行きます。

ただいかなる理由であろうと、今回の件で5歳の男の子の腹部が蹴られたのは事実です。今後同じような出来事が起こらないことを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R