愛知日進・母親をハンマーで殴った24歳の息子が逮捕された事件を考える

2018年9月2日、愛知県日進市の自宅の1階で、身の回りの世話をするために来ていた母親(53)をハンマーで殴ったとして、24歳の息子が逮捕された。

事件は8月31日夜になる。母親は頭の骨を折る重傷、また容疑者は犯行後に、睡眠薬を大量に飲んでいたとのこと。

元ネタはこちら

→(中京)母親をハンマーで殴り殺害しようとした疑い 24歳の長男逮捕 愛知・日進市

→(産経)ハンマーで母親殴る 24歳男逮捕、愛知・日進

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、中京テレビの記事を抜粋します。(実名は伏せています)
先月31日、愛知県日進市で自分の母親(53)をハンマーで殴り殺害しようとしたとして、長男(24)が2日、逮捕されました。
殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、日進市に住む無職の男(24)です。
警察によりますと、容疑者は先月31日夜、自宅に来ていた母親に対し、突然、ハンマーで頭や顔を殴りつけ、殺害しようとした疑いが持たれています。
その後、容疑者は睡眠薬を飲み入院していましたが、警察は回復を待って2日に逮捕したもので、調べに対し、容疑を認めているということです。

産経新聞の記事より不足している分を追加していきます。
容疑者は母親を、1階の和室で後ろから急に殴りかかっている。
母親は身の回りの世話をするために来ていたとのこと。

感想と考察

母親をハンマーで殴るというトンデモナイ事件だが、そこに至る状況が良く分からないのが本音になります。

一番分からないのが、容疑者が住んでいる家になる。中京テレビの写真を見ると2階建ての立派な一軒家に見えます。常識的に考えて、24歳無職の男が1人で住める家ではありません。実家なら分かりやすいのだが、母親が来ていることからそれは考えにくい。よほどの資産家なのだろうか?

今回犯行が行われたのは夜になっています。正確な時間は不明だが、個人的な感覚で言えば、1人暮らしの息子の家に身の回りの世話のために夜に行くのは、すこし違和感を感じます。ただこの母親が遠くから来ていて、その日は泊まる予定だったとしたら理解できます。

もし近かったとしたら、夜ご飯でも作りに来たのだろうか? そうなると息子は無職だけではなく、引きこもり的な状態だったかもしれない。
そうだとしたら自分にかまうのを逆恨みして犯行に及び、また絶望して自殺未遂を起こしたとしても不思議とは思わない。

ここまでいろいろ考えてきましたが、全ては可能性であり、また個人的な予測に過ぎません。これからの警察の捜査結果を引き続き調べて行きます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R