岩手一関・アパートの女性大家を殺害した元住人の男が逮捕された事件を考える

2018年8月25日、岩手県一関市のアパートで大家の女性(80)を殺害したとして、元住人の男(74)が逮捕された。

事件は同月15~16日ごろになり、容疑者は容疑を否認している。

元ネタはこちら

→(FNN)“アパート大家殺人”で元住人逮捕 滞納や騒音トラブルも…

→(朝日)80歳女性を刺殺した疑い、74歳男を逮捕 岩手・一関

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、FNNの記事を抜粋します。(実名は伏せています)
岩手・一関市でアパートの大家の女性が殺害された事件で、元住人の男が、殺人の疑いで逮捕された。
捜査員に囲まれ、車に乗り込む男。逮捕されたのは、無職の男(74)。
警察によると容疑者は、一関市の女性の首や胸を刃物で刺し、殺害した疑いが持たれている。
容疑者の住む地区の区長は、「落ち着きがないというか、そういうふうな感じはした」、「いい印象ではなかった。普通の人の印象ではなかった」と話した。
県警は、女性の自宅から、容疑者の犯行とみられる証拠が出てきたことなどから25日、逮捕した。
容疑者は以前、女性が所有するアパートで暮らしていたが、家賃の滞納や騒音を理由にトラブルになっていたほか、事件前に収監されていた際、女性に対してわいせつな表現の手紙を十数通送っていたという。
調べに対し、容疑者は容疑を否認している。

朝日新聞の記事より不足している分を追加していきます。
被害女性は80歳になる。
事件は同月15日~16日ごろとみられている。
容疑者は2014年8月ごろから一定期間、アパートに入居していたとのこと。

感想と考察

まったくトンデモナイ事件です。アパートに住んている時は自分で問題を起こし、そして退去した後は逆恨みで殺害する。正直、人とは思えない行いです。

もちろん現状では容疑者は容疑を否認しているので、100%この容疑者が犯人とは限らない。しかし以前の行動を考えると、まず間違いないだろう。

人を外見や性格で差別するのは良くないと考えます。
穏やかな外見や性格の人が、トンデモナイ事件を起こすことがあるのも事実です。

しかし派手な外見や攻撃的な性格の人が、トンデモナイ事件を起こすほうが圧倒的に多いのも事実です。それが目立たないのは、その方が普通に感じてインパクトが少ないためです。
やはり危ないと感じる人には、なるべく近づかない方がいいのは、今回の事件から明らかだろう。このような人に対する優しさは報われない方が多いのも、事実だと言うことです。

とにかくトンデモナイ事件です。今後同じような事件を起こさせないためにも、容疑者には厳正な処罰を期待する。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R