千葉船橋・路上で女性が知らない男に刺されて重傷・通り魔か?を考える

2018年8月25日午前0時15分ごろ、千葉県船橋市の市道を歩いていた20代の女性が、突然、刃物のような物で腹部を刺される事件が発生した。

女性は意識があり、命に別状はないとのこと。また女性は知らない男と話しており、通り魔の可能性も視野に入れている。

元ネタはこちら

→(朝日)路上で腹刺され搬送 女性「知らない男に」 千葉・船橋

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事件の情況確認

ここでは事件の状況確認として、朝日新聞の記事を抜粋します。
25日午前0時15分ごろ、千葉県船橋市大穴南2丁目の市道を歩いていた女性から「知らない男に刺された」と110番通報があった。県警によると、20代とみられる女性が刃物のような物で腹部を刺され、市内の病院に搬送された。意識はあるという。県警は通り魔事件の可能性があるとみて殺人未遂容疑で捜査している。
県警によると、現場は一方通行の細い道路で、当時は人通りが少なかった。1人で帰宅中だった女性が正面から歩いてきた来た人物に右脇腹を刺された。相手は無言で、いきなり女性を刺して逃走した。女性は搬送時「男に刺された」「知らない人だった」などと説明したという。県警は周辺の防犯カメラの映像を解析するなどして、刺した人物の行方を追うほか、事件に至る経緯を調べている。
現場は新京成電鉄の滝不動駅から北東に約1キロの住宅街で、近くに市立大穴小学校などがある。

感想と考察

今回の事件については、記事に書いている以上のことは分からない。そのためここから書くことは、予測や可能性についてになる。

まったくトンデモナイ事件が起こりました。路上での通り魔だとしたら避けることは困難だし、何より恐ろしい。

今回の事件でやはり気にあるのは、犯人は無差別なのか、それとも関係者かになる。
女性の証言から無差別の可能性が高いが、関係者の可能性はゼロではない。ただし犯行場所が細い道路であり、また正面から来ていることを考えれば、無差別の可能性が高いだろう。

また犯人はこの辺りの地理に詳しいのではないだろうか?
時間帯から徒歩もしくは車などで移動してきた可能性が高い。しかし車の場合は駐車場所の問題があり、やはり徒歩の可能性が高い。
そのため近所に住んでいる可能性が高く、これ以上の被害を出さないために注意が必要になってくる。

また気になるのは、女性の証言になる。「知らない男に刺された」という点だ。
今回の場合、犯人は正面から歩いてきている。そのため顔を見たのだろうか? 深夜のことであり、また相手をジロジロ見るとは思えないので、その点をはっきりさせたい所だ。

これは結果論だが、やはり女性の深夜の一人歩きには危険がつきまとう。また今回の被害者は違うかもしれないが、よくスマホを見ながら帰っている人がいる。周りへの注意がおろそかになるので、絶対に止めた方がいいだろう。

ただいかなる理由であろうと、今回の事件で女性が重傷を負ったのは事実です。早急な犯人逮捕を期待しています。

また今後同じような事件が起こらないことを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→(続報)千葉船橋・25歳女性を刺した通り魔の男が逮捕された事件を考える

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R