埼玉鴻巣・子供が迷彩服を着るイベントが共産党の要請で中止になった件を考える

2018年8月20日、埼玉県鴻巣市の「エルミこうのすショッピングモール」で、同月20・21日に予定されていた自衛隊のイベントが中止になっていることが分かった。

日本共産党鴻巣市委員会の要請があったためとのこと。

元ネタはこちら

→(産経)「子供の迷彩服試着は不安」共産党要請で自衛隊イベント中止 埼玉・鴻巣

→(赤旗)ショッピングモール 埼玉・鴻巣 自衛隊参加の催し 中止に 市民の声が力を発揮

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

情況の確認

ここでは状況の確認として、産経新聞の記事を抜粋します。
埼玉県鴻巣市の「エルミこうのすショッピングモール」で20・21日に予定されていた自衛隊のイベントが、日本共産党鴻巣市委員会などの要請で中止されたことが20日、分かった。
イベントでは自衛隊の子供用迷彩服の試着体験などが行われる予定だったが、市民に不安を与えるとして同委員会が15日にショッピングモールの館長に中止を求めていた。施設側が自衛隊埼玉地方協力本部にイベントの中止を申し入れ、同本部が受け入れた。
中止となったのは「夏休み特別企画!自衛隊と警察ふれあいフェスタ 2018」。イベントでは自衛隊や県警の合同採用説明会や軽装甲機動車の展示などが行われる予定だった。
館長に中止を求めたのは同委員会のほか、日本共産党鴻巣市議団、新日本婦人の会鴻巣支部、平和遺族会鴻巣支部などで、同党の鴻巣市議は「商業施設で子供たちに迷彩服を試着させるのは違和感があるとの市民の声もあり、要請した」と話している。

感想と考察

今回の自衛隊のイベントがどのようなものであったのか、正確には理解していない。記事に書いている「迷彩服を着る」や「軽装甲機動車の展示」がある以上のことは分からない。

しかしこのイベントに中止を要請した理由が、どう考えても納得できない。その点を個別に考えていく。

一番分からないのは「市民の声」と書いている所だ。
それはどのような人が、何人言っているのだろうか?
また迷彩服を試着させる「違和感」とは何だろうか?

極端に言えば、何十万人もいる都市で、何百人も楽しみにしているイベントで、1人の市民が「違和感」を感じても、今回の理屈は成り立つ。
また「違和感」というよく分からない言葉を使い、人を混乱させている。こんなものでイベントを中止させられたら、言葉の暴力と言って間違いないだろう。

また今回の迷彩服の違和感は、具体的に言えば「戦闘をイメージさせる」というのが本音だと考える。そして自衛隊のイベントというのに、抵抗を感じているのだろう。

しかし戦闘には2種類ある。攻めるための戦闘と、守るための戦闘である。「戦闘自体を悪である」と考えるのは間違いではない。しかし敵から攻められた時に守るのは悪だろうか?
そう考えれば迷彩服は「自分たちを守る人」ということになり、今回のイベントも「自分がみんなを守る」という気持ちを作ることにもなる。

また最近の事例をみれば分かるが、自衛隊は戦闘より救助を主な任務としている。迷彩服に違和感を感じるのは、その行為も否定していることになる

ただ迷彩服には相手を攻撃する意味も含まれている。しかし大切なのは迷彩服を着せないことではなく、その意味を教えることである。
例えば、料理に使う包丁を否定する人はいないだろう。しかしそれで人を傷つけることが出来るのも事実である。そのため子供の料理イベントで、「人を傷つける包丁を子供に持たすのは違和感がある」が成り立ってしまう。
大切なのは包丁の正しい使い方を教えることなのは、言うまでも無いだろう。

どのような物事にも表と裏があり、絶対的に正しいことは少ない。そのため大切なのは考え方を教えることであり、決して遠ざければ良いものではない。

今後のイベントにおいては、そのような考え方で開催されることを望んでいる。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R