岐阜美濃・長良川でバーベキューをしていた男性が溺れて死亡した事故を考える

2018年8月19日午後1時ごろ、岐阜県美濃市の長良川でバーベキューをしていた男性(31)が、溺れて死亡する事故が発生しました。

当時男性は、高校時代の同級生の男女4人と一緒にいたとのこと。

元ネタはこちら

→(TBS)バーベキューの男性、岐阜の長良川で溺れて死亡

→(日経)愛知の31歳男性溺れ死亡 岐阜・美濃の長良川

→(毎日)岐阜 長良川で溺れる バーベキューの31歳男性死亡

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事故の状況確認

ここでは事故の状況確認として、TBSの記事を抜粋します。(実名は伏せています)
19日午後、岐阜県美濃市の長良川にバーベキューをしにきた31歳の男性が川で溺れ、その後、死亡しました。
警察によりますと、19日午後1時ごろ、美濃市曽代の長良川で「人が沈んでいる」と、近くにいた男性から通報がありました。消防などが川を捜索し、愛知県小牧市の無職の男性(31)が川底から救出されましたが、およそ3時間後に死亡が確認されました。
男性は河川敷で高校時代の同級生の男女4人とバーベキューをしていて、川の中央付近の岩を目指して泳いでいたところ溺れたとみられています。
事故当時、川の水量や速さは普段と変わらなかったということです。

日本経済新聞・毎日新聞の記事より不足している分を追加していきます。
日経の記事では、男性は岸から10メートルの場所で溺れたと書いている。毎日の記事では、男性は約40メートル泳いだ所で溺れたと書いている。この点は情報が錯綜している。
男性は「数人と」岩を目指して泳いでいる。
男性は発見した同級生が助けを求め、付近にいた男性3人がカヤックを出して救助している。
川の水深は2~3メートルあったとのこと。

感想と考察

今回の事故については、記事に書いている以上のことは分からない。そのためここから書くことは、予測や可能性についてになる。

今回の事故で一番気になるのは、溺れた男性が飲酒していたかどうかです。バーベキューをしていたため、正確には分かりませんが可能性は高いと考えています。
また今回溺れた場所は水深が2~3メートルあります。もし飲酒してこの深さの川を泳いだとしたら自殺行為といって間違いないでしょう。

そもそもなぜこの男性は、中央付近の岩まで泳ごうとしたのだろうか。記事をいろいろ見ていますと一人ではなく複数で泳いでいる。そして今回は男女計5人で来ている。
可能性の一つですが、男どもが勢いで競争したと考えています。女性ははやしたてたか、それとも注意したかは分からないが、出来ればもう少し強く注意して欲しかったところだ。

川の場合は腰ぐらい深さでも、流れによってはかなり危険である。それなのに足がつかない所まで泳ぐなんて危険以外の何物でもない。特別な状況以外では絶対に止めるべきと考える。

ここまでいろいろ考えてきましたが、全ては可能性であり、また個人的な予測に過ぎません。これからの警察の捜査結果を引き続き調べて行きます。

ただいかなる理由であろうと、今回の事故で男性1人が亡くなったのは事実です。今後同じような事故が起こらないことを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R