福岡広川・中学講師の男が知人女性に性的暴行をして逮捕された事件を考える

2018年8月17日午後10時25分から11時5分ごろ、福岡県広川町から大牟田市を走行中の車の中で、知人女性(25)に性的暴行をしたとして、中学の常勤講師の男(51)が逮捕された。

容疑者は容疑の一部を「覚えていない」と否認している。

元ネタはこちら

→(毎日)<性的暴行>容疑で51歳中学講師を逮捕 福岡県警

→(サンスポ)女性に乱暴疑い…中学講師逮捕 福岡、飲み会帰りの車内

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、毎日新聞の記事を抜粋します。(実名は伏せています)
知人女性に性的暴行をしたとして、福岡県警柳川署は18日、同県広川町立広川中の常勤講師の男(51)=同県大牟田市通町2=を強制性交等容疑で逮捕した。容疑の一部を「覚えていない」と否認している。
逮捕容疑は17日午後10時25分から11時5分ごろ、広川町から大牟田市の間を走行中の乗用車内で、県内在住の女性(25)に性的暴行をしたとしている。女性は知人で、グループでの宴会後に他の知人が運転する車で帰宅する途中だった。
容疑者は広川中で保健体育を担当している。

サンスポの記事より不足している分を追加していきます。
サンスポの記事では「性的暴行」ではなく、「乱暴」と書いている。
容疑者と被害女性は後部座席に乗っていた。
車を運転していた女性は気付かなかったということ。
通報は被害女性から相談を受けた知人男性が行ったとのこと。

感想と考察

今回の事件については、記事に書いている以上のことは分からない。そのためここから書くことは、予測や可能性についてになる。

今回の事件についてだが、もちろん逮捕された容疑者の男に問題があるのだが、ほぼ全てのことが良く分からない。

今回の事件は「性的暴行」なのか、それとも「乱暴」なのか?
今回は宴会の帰りだが、容疑者は酔っていたのか? 被害者は酔っていたのか?
それぞれ酔っていたなら、どの程度の酔いだったのか?
なぜこの被害女性は助手席に座らなかったのだろうか? 個人的な感覚では運転手が女性のため、話し相手として同性の人が助手席に乗る場合が多い。
なぜ被害女性は、性的暴行(もしくは乱暴)を受けている時に声をあげなかったのだろうか?
運転していた女性はお酒を飲んでいないため、かなり正常は判斷が出来ると考えるが、なぜ気付かなかったのだろうか?
容疑者は「容疑の一部を覚えていない」と供述しているが、何を覚えていないのだろうか?

もちろん女性の言っていることを疑うわけではないが、逮捕されるほどのことをしていれば、同性である女性の運転手が気づかない訳がないという気持ちは強い。

ただ女性は泥酔し、触られていてもよく分からない状態だったとしたら話は別になる。ただその場合は、「触られていた気がする」かもしれないが...

また容疑者が容疑を認めていたら分かりやすいのだが、一部を否認しているのが問題を難しくしている。全てを否認してくれれば別の見方もあるのだが...

ここまでいろいろ考えてきましたが、全ては可能性であり、また個人的な予測に過ぎません。これからの警察の捜査結果を引き続き調べて行きます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→(続報)福岡広川・中学講師が女性に性的暴行・運転手の女性は気付いていない?

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R