愛知蟹江・同居の息子が母親の遺体を放置して逮捕された事件を考える

2018年8月17日午前8時ごろ、愛知県蟹江町の自宅で、母親(81)の遺体を放置した疑いで、息子(56)が逮捕されました。

容疑者が消防に通報し発覚。また容疑者は容疑を否認しているとのこと。

元ネタはこちら

→(CBC)愛知・蟹江の民家に女性遺体、同居の息子を遺体遺棄の疑いで逮捕

→(名古屋)逮捕の男が自ら通報 母親とみられる女性の遺体を放置 愛知・蟹江町

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、CBCテレビの記事を抜粋します。(実名は伏せています)
愛知県蟹江町の自宅に母親とみられる遺体を遺棄した疑いで、警察は同居していた56歳の息子を逮捕しました。
逮捕された蟹江町学戸の契約社員の男(56)は8月中旬ごろ、自宅の玄関先に女性の遺体を放置した死体遺棄の疑いが持たれています。
渡邊容疑者が「母親が玄関先で倒れている」と自ら消防に通報し、発覚しました。
遺体は死後数日が経っていて、警察の取り調べに対し、容疑者は容疑を否認しています。
警察は、遺体が容疑者と2人で暮らしていた81歳の母親とみて、身元の確認を急ぐとともに死因を調べています。

名古屋テレビの記事より不足している分を追加していきます。
こちらの記事では「集合住宅の一室」と表現されている。
正確な時刻は17日午前8時ごろ、駆けつけた救急隊員が発見している。

感想と考察

今回の事件については、記事に書いている以上のことは分からない。そのためここから書くことは、予測や可能性についてになる。

今回の事件ですが、分かるようで分からない点が多いです。
母親の死因は事故、病気、また第三者による殺害の可能性は?
正確には母親は何日に死亡した?
事故や病気としたら、なぜ息子は放置したのだろうか?
息子は容疑を否認しているが、何の容疑を否認している?
母親を殺害していないと否認しているのか?
母親は当日亡くなったので、遺体を放置していないと否認しているのか?
容疑者は数日間出かけていたため、当日発見したとして否認しているのか?

とにかく一番気になるのは、容疑者が何を否認しているかです。これが分からないことには、何も考えることが出来ないのが本音です。

これからの警察の捜査結果を引き続き調べて行きます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R