埼玉所沢・飲食店内で20代女性にわいせつ行為と暴行をした男が逮捕された事件を考える

2018年8月15日午前3時ごろ、埼玉県所沢市の飲食店内で、20代女性を押し倒すなどのわいせつ行為と暴行をしたとして、自称アルバイトの男(21)が逮捕された。

容疑者は容疑をおおむね認めている。

元ネタはこちら

→(埼玉)20代女性を押し倒しわいせつな行為、容疑の男逮捕 /所沢署

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、埼玉新聞の記事を抜粋します。
埼玉県の所沢署は15日、強制性交等致傷と暴行の疑いで、栃木県真岡市下大沼1丁目、自称アルバイト従業員の男(21)を逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前3時ごろ、所沢市内の飲食店がある雑居ビルで、一緒に食事に来た県内居住の20代女性を押し倒して体を触るなどわいせつな行為などをし、でん部打撲などのけがを負わせたほか、同3時半ごろ、「おまえ携帯電話を持ってんだろ」と因縁をつけ、髪を引っ張るなどの暴行を加えた疑い。「むらむらしてやった」とおおむね容疑を認めているという。
同署によると、ビル近くを通りかかった男女が「ビル内から女性が助けを求める声が聞こえた」と所沢駅前交番に届け出た。署員がビル内にいた男らを見つけ、署で事情を聴き、逮捕した。

感想と考察

今回の事件については、記事に書いている以上のことは分からない。そのためここから書くことは、予測や可能性についてになる。

今回の事件について結果としては分かるのだが、それ以外の状況がまったく分かりません。
事件は午前3時だが、これは何の集まりだろうか?
容疑者と被害者は以前から面識はあるのだろうか?
記事の最期に「ビル内にいた男ら」という感じで複数いたと考えるが、男女それぞれ何人ぐらいいたのだろうか?
複数いたとしたら、誰か止める人はいなかったのだろうか?
容疑者は酒に酔った上での犯行なのだろうか?(もちろん何の言い訳にもならない)

どのような状況であっても、容疑者が100%悪い点は変わりません。
しかしどうしても女性側も、このような男(または男たち)とこの時間まで飲食店にいるという、不用心さを感じるのも事実です。

また飲食店の店員は何をしていたのだろうか?
ビルの近くを通りかかった人が気付くぐらいだから、間違いなく店側の人も気付いていたはず。見て見ぬふりをしていたのだろうか?

改めて書きますが、今回の問題の全ては容疑者の男にあります。しかし結果的に被害を受けるのは女性になることが多いです。あまり遅い時間まで気の無い男とは、一緒にいないことをお勧めします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R