「アナタも何も遠慮する必要はない」が名言なので紹介する

全文は次になります。

「アナタも何も遠慮する必要はない。向こう見ずなゲーム目的設定禁止条例なるものは存在していないのだ

「人生ドラクエ化マニュアル(JUNZO)」という本の中に書いている言葉になります。

スポンサーリンク

感想と考察

何かをしたいと思った時、抵抗を感じることがある。もちろん犯罪はダメだが、そうではなく世間の目を気にするような遠慮が働く時がある。

例えば、「マンガ家になる」と言えば、多くの人が反対するでしょう。
「ブログで収入を得て、会社員にはならない」と言えば、バカにされるかもしれない。

これはあくまで例えだが、自分が無理と考えるならともかく、周りが無理と言うから遠慮していては始まらない。周りの意見なんて、参考以上の物にはならない。

ただ一つだけ注意したいのは、それを目指すことで家族などに迷惑を掛けることだ。あなたの挑戦によって子供が大学に行くお金が確保出来ないなら、それは無責任となる。

あくまで遠慮する必要が無いのは、自分だけで完結できる場合のみである。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→「その敵との闘いを楽しめば良い!」が名言なので紹介する

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R