岐阜羽島・名神高速でキャンピングカーが炎上・運転手など家族4人は無事だった事故を考える

2018年8月13日午後6時20分ごろ、岐阜県羽島市の名神高速でキャンピングカーが炎上する事故が発生した。

車に乗っていた運転手を含む家族4人は、避難して無事とのこと。

元ネタはこちら

→(テレ朝)岐阜・名神高速で車が炎上 キャンピングカーか

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク

事故の状況確認

ここでは事故の状況確認として、テレ朝の記事を抜粋します。
岐阜県羽島市の名神高速で、キャンピングカーとみられる車1台が炎上しました。けが人はいませんでした。
13日午後6時20分ごろ、羽島市の名神高速上り岐阜羽島インターチェンジ付近で「車から煙が上がっている」と警察に通報がありました。火は約30分後に消し止められましたが、キャンピングカーとみられる車1台が全焼しました。警察によりますと、車には家族4人が乗っていましたが、全員、避難してけがはないということです。この火事の影響で、名神高速上り大垣インターチェンジから岐阜羽島インターチェンジの間が約3時間にわたって通行止めとなりました。

感想と考察

今回の事故については、記事に書いている以上のことは分からない。そのためここから書くことは、予測や可能性についてになる。

今回の事故は車1台が全焼する大事であり、この休み期間に高速を3時間も通行止めにする迷惑な事故でもありました。
ただ運転手を含む家族4人が無事だったので、その点だけは良かったと考えています。

そして落ち着いて考えると、どうしても「なぜ全焼する状態になったのか?」という原因が知りたくなる。また映像よりこれだけ燃えてしまうと、車体の検証による原因の究明は難しいのでは? と考えている。

ただそれでも原因は分かると考えている。それは同乗者が助かったためです。

今回は全焼しているにも関わらずキチンと路肩に止まっている。そして同乗者が逃げるだけの余裕があったことが分かります。そこからガソリンに何かが引火して、一気に燃え上がったとは考えにくい。
おそらくは運転手もしくは同乗者が焦げ臭いなどの異常に気づき、停車した後に一気に燃え上がったと予想しています。
またキャンピングカーなので、車内で何かをしている時に火が燃え移った可能性も、ゼロでは無いと考えている。

ただ違和感があるのは、通報者が「車から煙が上がっている」と話していること。まるで発見したような話し方だが、事故の当事者が連絡したのでは無いのだろうか?
また事故当時の記事では、運転手など同乗者の安否が分からないとされていた。パニックになっていたのは分かるが、もし本人たちが連絡していないとしたら無責任な感じがする。
ただし携帯などを車に置いてきて連絡できなかったとしたら、その限りではない。

とにかく今回の事故は整備不良か、もしくは不注意であることは間違いない。キャンピングカーのように日常使いしない車こそ、キチンとした整備をすることを期待する。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R