大阪・ブロック塀の切断作業中に男性作業員が死亡した事故を考える

2018年8月12日午前9時50分ごろ、大阪市住之江区の駐車場で、ブロック塀の上部を切り取る作業をしていた建設作業員の男性(57)が、死亡する事故が発生した。

作業中にブロック塀が崩れて頭に当たったとみられている。また一緒に作業をしていた男性(73)が業務上過失致死容疑で逮捕されている。

元ネタはこちら

→(産経)ブロック塀崩れ 男性作業員死亡 倒壊事故受け切断中 大阪市

→(ホウドウ)ブロック塀撤去中に死亡事故 大阪府北部地震で作業

→(朝日)ブロック塀崩れ作業員が死亡 注意怠った疑いで同僚逮捕

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク
wp_336x280R

事故の状況確認

ここでは事故の状況確認として、産経新聞の記事を抜粋します。(実名は伏せています)
12日午前9時50分ごろ、大阪市住之江区北加賀屋の駐車場で、ブロック塀を削り取る作業をしていた建設作業員の男性(57)=同区西加賀屋=が血を流して倒れていると、同僚の男性から119番があった。男性さんは搬送先の病院で死亡が確認された。作業中にブロック塀が崩れて頭に当たったとみられ、大阪府警住之江署で詳しい経緯を調べる。
同署などによると、6月の大阪北部地震でブロック塀の倒壊により小学4年生の女児(9)が死亡した事故を受け、現場ではブロック塀の上部を切断する作業が行われていた。
ブロックは一つが縦20センチ、横40センチ、厚さ15センチで、13段積み重ねられていた。当時は脚立などを使い、上の3段分を削り取る作業をしていたという。男性はヘルメットをしていなかったとみられる。

ボウドウキョク・朝日新聞の記事より不足している分を追加していきます。
一緒に作業をしていた73歳の男性が業務上過失致死容疑で逮捕されている。
同僚は事故について「気が動転して覚えていない」と供述している。
事故の具体的な状況は、上段部分3段が崩れ、男性の頭上に落下したと見られている。
同僚は当初、男性がブロック塀を挟んで反対側で作業していたなどと説明していたが、付近の防犯カメラに、男性の近くで重機を操作する同僚が映っていたという。

感想と考察

今回の事故については、記事に書いている以上のことは分からない。そのためここから書くことは、予測や可能性についてになる。

今回の事故は一見、ヘルメットをしていなかった男性作業員が、不注意から頭を打って死亡したという、よくある事故の一つに見えます。

しかし個人的にはどうしても理解できない所があります。それは脚立を使い、実際にブロックの切断をしていたなら、「なぜブロックが頭に当たる?」という点が分からないからです。
ブロックが崩れてきたためにバランスを崩して脚立から落ち、頭を打って死亡したなら理解できます。しかしブロックに頭を打ったり、またブロックの下敷きになる可能性は低い。

このように考えていた時、朝日の記事を見ると別の可能性が考えられる。
被害男性は切断作業をしていたのではなく、下で何らかの作業をしていた。その時に同僚が重機を使用していたが、操作ミスなどによりブロックと接触し、ブロックを倒してしまった。その時に下で作業していた男性の頭に当たってしまった。

これは可能性の一つだが、ホウドウキョクの映像を見ると、先端が不自然に破壊されている。切断とは異なる物理的な力が働いた?

ここまでいろいろ考えてきましたが、全ては可能性であり、また個人的な予測に過ぎません。これからの警察の捜査の進捗を引き続き調べて行きます。

ただどのような状況にしろ作業男性が亡くなったのは事実です。安全には十分注意して作業することを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク