本の紹介・名言一覧

「世界が変わらない」という事実について

世界では相変わらず人の争いが続いている。日本でも不祥事が後を絶たない。これだけ歴史が積み重なり、何をすればいいのか分かっているのに、相変わらず状況は変わらない。これを考えるキッカケになったのは、中村文則さんの「R帝国」という本を読んだからだ。今回はこの件について考えてみる。

「君は、きっとただ一人、私に真実と日常を与えてくれる人なんじゃないかな」が名言なので紹介する

住野よるさんの「君の膵臓をたべたい」の名言を紹介する。「君は、きっとただ一人、私に真実と日常を与えてくれる人なんじゃないかな」。病気のことを知っているクラスメイトに対して、桜良の話した言葉だ。この時の状況など、いろいろ考えていく。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R