イスラエルで安倍首相に対して黒い靴のデザートが出た報道について考える

イスラエルを訪問した安倍首相の夕食会に出て来たデザートが、黒い靴の形をした容器に入れられていた。

靴を脱ぐ習慣の日本に合わせての趣向だったが、現地のイスラエルメディアは失礼として批判している。

元ネタはこちら

→安倍首相に「靴のデザート」…「失礼」批判殺到

今回はこの件における報道について考えていく。

ここに書いていくのは独自の調査をしているのではなく、あくまで記事から考えたことや、感じたことになる。

感想と考察

今回考えていくのは、「黒い靴の容器は失礼か?」についてではない。

記事によって全然違うイメージだったため、報道の仕方についてになる。

別の記事を紹介する

→安倍首相デザートに“黒い靴” 夕食会メニューが物議

似ているようだが、詳細に見ていくとかなり印象が違ってくる。

また少し悪意を感じる箇所もあるため、その点も考えていく。

タイトル

これは両方に悪意を感じる。

安倍首相にからめて、「靴のデザート」とか「黒い靴」とかバカにされたイメージが強い。

しかし記事の中に書いている通り、実際は「黒い紳士靴の形をした金属製の容器」

口コミを見ると記事をよく見ていない感じの、悪意あるコメントがたくさん並んでいる。

勘違いを助長するタイトルには嫌悪感を感じる。

批判者は誰?

今回の報道の問題はこれに尽きる。

読売では、「イスラエルのメディアが批判している」とハッキリ書かれている。

ホウドウでは、「イスラエルのメディアによると、両首相は食事を楽しみ」など、現地メディアはこの件を好意的に見ている感じだ。

自分自身で確認できていないが、おそらく読売が正しい感じがする。

ホウドウでの口コミを見ると、イスラエルに対してかなり悪感情が芽生えている。

もしこれがミスだとしても、かなり大問題にすべきだろう。

まとめ

安倍首相が本心で、どのように感じたかは分からない。

また実物を見ると、写真ほどの違和感は無いのかもしれない。

しかし「靴」に似せているのは、ちょっとやりすぎとは感じている。

しかし日本で「かわいい下駄に何かを盛ったら」と考えた時、少し良さげに感じた。

今回の場合、日本側にだけ出されていたら抵抗を感じるが、写真を見る限りイスラエル側にも同じものが出ている。

そこから「悪意」と考えるのは、少し違うように感じる。

これを上手くジョークに持っていくのが、外交の手腕とも考える。

とにかく今回は、現地メディアが批判してくれたのだ。

素直に好意的に見ていくのが大人の対応になる。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク