「望まない結果だったとしても、それで上を向くか下を向くか、あいつしだいさ」が名言なので紹介する

2018年春アニメ「ウマ娘」の3話に名言があったので紹介する。

↓公式ホームページはこちらより

全文も同じく次になる。

「望まない結果だったとしても、それで上を向くか下を向くか、あいつしだいさ」

スペシャルウィークに対して考えている、スピカのトレーナーの言葉だ。

この時の状況など、いろいろ考えていく。

状況の説明

まずこのアニメ、競馬をするために生まれたウマ娘たちがレースをする物語。

G1皐月賞の前哨戦となる弥生賞に勝利して、少し浮かれるスペシャルウィーク。

トレーナはその件に関して、特に厳しいことは言わなかった。

それはウマ娘たちを信じているためであり、また一度の結果だけが全てと考えて無かったからになる。

しかしその件で、他のトレーナーから指摘を受ける。

その時に返したのが今回の名言となる。

感想と考察

「分かっているなら、なぜ言わない!」と話す人がいる。

確かに、その考え方も間違いではない。

しかし分かっていることは、全て話すべきだろうか?

視点を変えてみると、分かっていることを全て話したとして、相手が理解してくれるだろうか?

ここで自分自身に当てはめてみる。

「あなたは相手のほうが正しいと感じた時、全てを受け入れただろうか?」

「親や先生に正論を言われた時、反発心が生まれなかっただろうか?」

その点から理解してもらえない時には、話すことは必ずしも正解ではない。

負けなどにより理解できるようになってから、話すことが正しいこともある。

「話しておけば、こちらの責任は終わり」と考えるのでは、あまりにも自分本位だ。

まとめ

もう一つポイントが有るとすれば、「負ける」という状況自体だ。

誰も負けは望んでいない。

しかし勝ち続けてしまうと、負けた時に立ち直れなくなる。

それに対してダメージが小さいうちに負けることで、負けに対する耐性ができる。

一度の負けが、本当の負けでは無いことを知らないといけない。

また負けを知らないと、負けた人の気持が分からなくなる。

実力がある人や頭のいい人には、負けた人の気持が分からないことが多い。

そんな人にチームや組織をまとめる力は、絶対に無いと断言出来る。

負けを知らずに、本当の勝ちは分からないのである。

↓アマゾン以外のVODでも使用できるものが多数あります。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

posted with amazlet at 18.04.14
Amazon (2017-04-06)
売り上げランキング: 1

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→「だけど、楽しんで走ることを諦めたく無かった」が名言なので紹介する

→ウマ娘インデックス

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク